【配達パートナーも募集中】人気の料理が届く Uber Eats が福岡でもスタート

天神イムズ 2021年に営業終了 約30年の歴史に幕

スポンサーリンク

三菱地所がイムズの営業終了を発表

2021年度中に営業終了し再開発がスタート

三菱地所は、1月9日、福岡市中央区天神のイムズを2021年度中に営業終了とし、再開発に着手すると発表しました。
新施設の詳細は未定ですが、2022年度内の着工を目標としています。

イムズについて

イムズは、1989年4月12日に開業し、地下4階地上14階建てのビルです。
ビルの名称は天神MMビルで、愛称はINTER MEDIA STATION(イムズ)です。
福岡市役所ふれあい広場と、渡辺通りにも面しており、周辺街区では「天神ビッグバン」の先行プロジェクトが具体的に進行していることから、再開発により新たな価値を創造すると発表しています。

ビル名称 天神 MM ビル
施設名称 INTER MEDIA STATION(イムズ)
所在地 福岡県福岡市中央区天神一丁目 7 番 11 号
敷地面積 約 4,600 ㎡
構造・規模 SRC 造・S 造および一部 RC 造 地下 4 階地上 14 階塔屋 1 階建
延床面積 約 44,900 ㎡
竣工年月 1989 年 3 月

三菱地所グループは、昨年マークイズ福岡ももちをオープンさせたほか、サイモン社との合弁で運営する鳥栖市の鳥栖プレミアムアウトレットの増床を予定しているなど、九州エリアの積極投資が目立っています。

「福岡の街が大きく変わる」ここ数年で無くなってしまう 福岡のビルや商業施設 まとめ
福岡市博多区 博多駅エリア 博多コネクティッドとは 博多コネクティッドは、福岡市がすすめる再開発プロジェクトで、規制緩和により古いビルの建て替えなどを促しています。 博多スターレーン 博多区博多駅東1丁目の博多スターレーンは、201...